気になるコレステロールを食事で改善する時には

健康診断などで、コレステロールが高いことを指摘されたことはないでしょうか。コレステロールを下げたい場合は、低カロリーで体にいい食事をすること、運動量を増やすことです。脂っぽい食事を減らせば良いイメージがありますが、具体的にどんな食事を心がけたらいいのでしょうか。コレステロールを下げる効果がある食材として、ブリ、いわし、アジなどの青魚が推奨されています。血液に含まれている中性脂肪を下げる成分であるドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸は、青魚に多く存在しています。食事から、エイコサペンタエン酸や、ドコサヘキサエン酸を摂取することで、LDLコレステロールの減少を促し、体にいい善玉コレステロールを増加できます。青魚を調理する時には、熱をかけすぎないようにしましょう。ドコサヘキサエン酸も、エイコサペンタエン酸も、熱に弱い成分です。もしも、食事内容を改善することが難しいという人は、サプリメントで栄養素を摂取するというやり方もあります。コレステロール値を下げるために、ダイエットに励む人もいますが、やみくもに食事制限をしていたのでは、効果がありません。炭水化物や、甘いものを控えることでダイエットをしたいという場合は、他の栄養素が多くなりすぎないように注意しましょう。どんな食べ物を減らし、どんな食べ物を今までどおりに食べるかを見極めることが、コレステロールを下げるためには必須になります。コレステロールを下げるために食事を見直す場合、野菜や海草類、キノコ類を多く食べられるようなメニューにすることがポイントです。